メド岩
MEDO-IWA

メド岩

馬道(メド)岩に空く穴は、宇治川合戦の名馬「池月」が倉ノ谷と宇賀の間にあった大岩の絶壁を蹴り飛ばしたことでできたという伝承が残されています。
そのため人々はこの穴を「馬道」メドと名付けました。
穴から抜け落ちた丸い岩は、近くの海辺に亀のような形で残っています。
村民はこれに「亀が島」あるいは「亀島」という名前を付けました。
「池月」は佐々木高綱が源頼朝から賜った名馬で、宇治川の先陣争いの活躍で知られています。

アクセス(別府港より)
10分
自転車20分
 徒歩 1時間
*町営バスはメド岩に行きません。

住所
島根県隠岐郡西ノ島町宇賀

>> Google MAP

メド岩