大自然・景勝地

nature

国賀海岸 Kuniga

国賀海岸は隠岐諸島のハイライトの一つです。約13キロに渡り、大規模な海蝕崖が発達する断崖絶壁で、特に高さ257メートルの摩天崖は国内最大級の海蝕崖として知られています。そのほか、鬼ヶ城、天然の洞窟である通天橋や明暗の岩屋など豪快にして勇壮、かつ大規模な奇勝が見られます。その一方で地上には牛馬が放牧されている牧草地となっており、非常に穏やかな光景を見せ、対比的な景観となっています。

1938年 国の名勝および天然記念物指定
1963年 大山隠岐国立公園(国賀海岸一帯は特別保護地区)指定
2013年 隠岐ユネスコ世界ジオパーク認定(ジオサイト:摩天崖、観音岩、通天橋、天上界など)
 

摩天崖 MATENGAI

Matengai Cliff 摩天崖巨大なナイフで垂直に切り取ったような海抜257mの大絶壁です。海蝕作用によって出来た崖では日本有数の高さを誇ります。周辺一帯の放牧地では、牛馬がのんびり草を食む姿が見られます。

>> 続きを見る


通天橋 TSUTENKYO

Matengai Cliff 摩天崖海に大きくせり出した巨大な岩の架け橋です。
岩石の中央部が海蝕作用によってえぐりあけられたもので、大自然が創り出した造形の妙を見ることができます。

>> 続きを見る

赤尾展望所 AKAO

akaolookout 赤尾展望所隠岐を代表する世界一級の景勝地「国賀海岸」を一望できる人気スポットです。
周辺一帯の放牧地では、牛馬がのんびり草を食む姿が見られます。

>> 続きを見る

観音岩 KANNON-IWA

観音岩 kannoniwa-rock国賀海岸の奇岩の中でもひときわ細長く(海抜約40m)そびえ立っています。海上からは、百済観音の姿にも見えることから「観音岩」とも呼ばれています。

>> 続きを見る

 

その他

鬼舞展望所 ONIMAI

鬼舞展望台 Onimailookout島前(西ノ島・中ノ島・知夫里島)カルデラ(島前湾内)と日本海を見渡せる絶景スポットです。
周辺一帯の放牧地では、牛馬がのんびり草を食む姿が見られます。

>> 続きを見る

明暗の岩屋 AKEKURE

Funabiki Canal延長250mに及ぶ、自然が造り出した天然のトンネル(洞窟)です。
狭い暗黒の世界を無事通り抜けると、そこにはコバルトブルーの海が迎えてくれます。

>> 続きを見る

メド岩 MEDO-IWA

メド岩 Medo-iwa馬道(メド)岩に空く穴は、宇治川合戦の名馬「池月」が倉ノ谷と宇賀の間にあった大岩の絶壁を蹴り飛ばしたことでできたという伝承が残されています。
そのため人々はこの穴を「馬道」メドと名付けました。

>> 続きを見る