くろきごしょあと

黒木御所阯

別府港の東、湾に突き出た丘の上にあり、元弘2年(1332年)鎌倉幕府討幕に失敗し、隠岐へご配流された後醍醐天皇が再起をかけて再び島を出るまでの約1年間住まわれたといわれる伝承の地で、歴史本「太平記」にもその名前を見ることができる。
丘の上には御所の史跡の他、天皇をまつる黒木神社があり、昭和33年に県史跡に指定されている。
敷地内には伝承資料館「碧風館」が御あり、館内ガイドもいるので是非そちらへも立ち寄ってみてください。

関連する史跡として、別府地区に「三位の局館跡」、「隠岐判官屋敷跡」、「千福寺御座所跡」、小向地区に「御腰掛けの石」、赤ノ江地区に「赤崎鼻」など天皇が隠岐にお着きになられてからご脱出までの伝承の地を巡るタクシー観光コースもあるので、詳しくは
西ノ島町観光協会(08514-7-8888)へお問い合わせ下さい。

スポット種別
  • 歴史・文化
エリア
別府・美田尻
設備
  • トイレ
  • 多目的トイレ
  • 駐車場

別府港からのアクセス

2分

自転車

5分

徒歩

10分